ダラダラ長文で、いろいろ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当はネタにしようかどうしようか悩んでいたんですが、やっぱり書いてしまいます。

『ゲゲゲの鬼太郎 実写版で映画化』

キャスト
鬼太郎  ウエンツ瑛士
ネズミ男 大泉 洋
子泣き爺 間 寛平
砂かけ婆 室井 滋
ネコ娘  田中 麗奈



別に映画化される分には構わないんですが


何故にウエンツ・・・・?


これ、思われた方多いのでは??

一応断っておきますが、わたしは決してウエンツが嫌いなわけではありません。
ただ、鬼太郎はウエンツのキャラではないでしょう。


わたし的には、白黒アニメの頃の少しオドロオドロしい中にも笑いがある鬼太郎が好きです。
でも今回の映画は、キャストを見る限りコメディですか?(偏見です)
まあそれでも面白ければ良いという気もするんですが


何て言うか、年齢層高っ!!


上記のキャスト以外にも、鬼太郎の恋人(?)に井上真央が出演すると聞きました。(恋人って誰?ユメコちゃん?)
鬼太郎、年齢設定いくつですか?
あのチャンチャンコを着ている大人はちょっと痛い。
ギリギリ許せて15歳?
中学生までなら、なんとか垢抜けない子で通りそうです。

ウエンツは半ズボン穿くのかな・・・。

個人的には田中麗奈のネコ娘が楽しみです。(好き)


20060516022153.jpg


目玉の親父や一反木綿はCGになるそうですが、親父さんの声は従来道理、田の中勇だといいなぁ・・・。
スポンサーサイト
マンガもアニメも大好きですが、特撮も大好物です。

せっかくガメラの新作が上映中なので、この機会になにかガメラネタを・・・と思い、ついでなのでガメラを初描きしてみることにしました。

わたしがガメラを観ていたのは子供の頃、夕方のTVシリーズが流れていた時のことです。
ガメラの迫力に怯えながらも、兄とふたりで毎回ガメラの活躍を楽しみにしておりました。

特に資料もないまま、記憶だけを頼りにルンルン気分で描き始めたわたしです。
※ちなみに目指したのは昭和ガメラ



ガメラといえばカメ、カメ、カメ~♪

モデルはカミツキガメで、ワニガメなのね~♪♪

トゲトゲの、爪ギンギン~♪♪♪




ノリノリで描き進み、出来上がったのがコレ。

              |
             |
             |
             |  
             |
             |
             |
             |
             |
             |
             |
             |
             |
             |
             |
             |
             |
             |
             |
             ↓

本当にごめんなさい



何だコレっ!?


家出して、パンクに走った竜宮城のカメ?
て言うか、カメ???



そんな訳でガメラネタは吹っ飛びました・・・。(どんな訳?)

ガメラ好きな方ごめんなさい。本当にわたしも好きなんです。

ディズニーじゃなくてフジテレビ系列「プレミアムステージ特別企画」ですよ^^

懐かしいなぁと思って、ちょこっと感想文です。
公開当時、わたしは小学校入学前ですかね。親に映画館に連れて行ってもらいました。
当時買ってもらった、青い鳥文庫の「南極のカラフト犬 タロ・ジロ物語」は今でも持っています。

TV版なので仕方ないかなと思うのですが、大分カットされてました。
佐藤浩市なんて出てこなかったですしね^^

子供の頃、映画館でとても感動したのを憶えています。
オーロラとかこの映画を見るまで知らなかったんじゃないでしょうか。
犬たちが一匹、また一匹と減っていくのがショックでした。
もっとも、実際はどうだったのか本当は誰にも分からないわけですけど。でも首輪を抜けて逃げ出した犬がいたことも、タロ・ジロが生きていたことも本当なんですから、きっと映画のようにある程度群れで行動していたのは間違いないのでしょうね。
犬って凄いなぁと思います。

ちなみにタロとジロが兄弟なのは有名ですが、実は映画の中で鎖を切って逃げたアンコと、抜け出せずに死んでしまったゴロもタロ・ジロの兄弟なんですよ。
青い鳥文庫には全頭の紹介と数頭の写真が載っています。
本屋さんで見かけたら、立ち読みしてみてください^^
近年トリビアの泉でやっていた、二頭の剥製の話も載ってますよ。

実際に南極で生き残っていた二頭を見つけたときは、野生化して人を襲うんじゃないかと思ったそうです。
確かに普通に捨てて、野良犬になったというのとはわけが違いますしね。
野生に戻らなきゃ生きていけなかったんですから。
でも二頭とも、教えられた号令なども忘れずに憶えていたそうです。
自分たちの主人はかならず戻ってくると信じていたのでしょうか。

ちょうどこの映画が公開された前後、我が家でも犬を飼い始めました。
小型の座敷犬でしたが^^
その後15年生きてくれて、老衰で死にました。
犬種的には当たり前なんですが、うちの犬なら絶対死ぬな・・・なんて思ってみたりします^^
ただの捨て犬になっても生き残れないでしょう。
でも、たとえ生き別れて1年経とうが10年経とうが、きっとわたしのことを忘れたりはしないだろうと思っていたのは飼い主馬鹿でしょうか(^_^;)

くだらない長文にここまで付き合ってくださった方ありがとうございました^^明日はもっと短くしますからね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。